福栄真平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福栄 真平
生誕 1890年1月14日
大日本帝国の旗 大日本帝国 東京府
死没 (1946-04-27) 1946年4月27日(56歳没)
シンガポールの旗 シンガポール チャンギ
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1911 - 1945
最終階級 Japan-army-1938-1945 16-1-.gif 陸軍中将
テンプレートを表示

福栄 真平(ふくえ しんぺい、1890年1月14日 - 1946年4月27日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将正四位勲一等功四級

略歴[編集]

商業・福栄行賢の息子として生まれる。開成中学卒を経て、1911年(明治44年)5月、陸軍士官学校(23期)を卒業。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第3連隊付となる。1923年(大正12年)11月、陸軍大学校(35期)を卒業した。

1925年(大正14年)5月、参謀本部付勤務となり、参謀本部員に移り、1927年(昭和2年)7月、歩兵少佐に昇進。1928年(昭和3年)3月、歩兵第2連隊大隊長に就任。近衛師団参謀を経て、1931年(昭和6年)8月、歩兵中佐に進級し歩兵第3連隊付。

1932年(昭和7年)8月、近衛歩兵第1連隊付(武蔵高校配属将校)となり、参謀本部員兼軍令部員、関東軍交通監督部員を歴任し、1936年(昭和11年)8月、歩兵大佐に昇進。1937年(昭和12年)10月、歩兵第63連隊長に着任し日中戦争に出征。1939年(昭和14年)3月、陸軍少将に進級し留守第16師団司令部付となる。1940年(昭和15年)2月、歩兵第15旅団長に就任し太平洋戦争を迎えた。

1942年(昭和17年)7月、馬来俘虜収容所所長となり、同年12月、陸軍中将に進み第66独立歩兵団長に就任。 1943年(昭和18年)6月、東京湾要塞司令官に異動。1944年(昭和19年)6月、第102師団長となり、同年10月、レイテ島に渡りレイテ決戦に敗れ、セブ島終戦を迎えた。

戦後、セララン兵営事件戦犯容疑により逮捕され、死刑判決を受け、1946年(昭和21年)、シンガポールチャンギーにて銃殺刑が執行された。墓所は青山霊園1-ロ-10-41。

栄典[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。