喜多誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
喜多 誠一
生誕 1886年12月20日
日本の旗 日本 滋賀県
死没 (1947-08-07) 1947年8月7日(60歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ハバロフスク近郊
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1907 - 1945
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

喜多 誠一(きた せいいち、1886年明治19年)12月20日 - 1947年昭和22年)8月7日[1])は、昭和期の日本陸軍軍人。階級は陸軍大将正三位勲一等功四級に至る。

経歴[編集]

滋賀県出身で兵科歩兵。喜多三郎の息子として生まれる。滋賀二中卒を経て、1907年(明治40年)5月、陸軍士官学校(19期)を卒業。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第36連隊付となる。天津駐屯歩兵隊付などを経て、1919年大正8年)11月、陸軍大学校(31期)を卒業した。

1920年(大正9年)2月、歩兵第68連隊中隊長となり、参謀本部付勤務、参謀本部員、参謀本部付(支那駐在)、歩兵第19連隊大隊長などを歴任。1925年(大正14年)5月、参謀本部員に就任し、陸軍省軍務局課員、支那駐在、欧州出張、参謀本部員、参謀本部付(南京駐在)などを経て、1931年(昭和6年)8月8日、歩兵大佐に昇進し歩兵第37連隊長に就任。

1932年(昭和7年)2月、上海派遣軍情報参謀となり、参謀本部付(支那出張)、関東軍参謀(第2課長)、参謀本部支那課長などを歴任し、1936年(昭和11年)3月、陸軍少将に進み支那公使館付武官となった。1937年(昭和12年)8月、天津特務機関長に就任。中国通として第二次上海事変発生時に、蒋介石総統と事件拡大回避の交渉をするも物別れとなる。その後、北支那方面軍特務部長を経て、1939年(昭和14年)3月、陸軍中将に昇格し興亜院華北連絡部長官となる。

1940年(昭和15年)3月、第14師団長に親補され、第6軍司令官第12軍司令官などを経て、1944年(昭和19年)9月、満州国敦化司令部を置く第1方面軍司令官に就任。翌年3月、陸軍大将に進み終戦を迎えた。

戦後はシベリアに抑留され、1947年にハバロフスク近郊のホール野戦病院にて没。享年62。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版、54頁では「6月7日」。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。