金子定一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金子定一

金子 定一(かねこ ていいち、1885年明治18年)6月3日[1] - 1960年昭和35年)4月30日[2])は、日本の陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍少将衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

岩手県盛岡市出身[3]。1907年に陸軍士官学校(19期)[1][2]を、1915年に陸軍大学校(27期)を卒業する[1][2]第八師団支那駐屯軍などの各参謀[2][3]、参謀本部員[2][3]金沢連隊区司令官[3][1]、陸軍大学校教官などを歴任し[3]、1936年に陸軍少将に累進し、予備役となる[1]。予備役編入後は満州国中央警察学校講師[2]、新京実務学院、同女子実務学院各校長[2]、満州国蒙政部嘱託、同協和会中央委員となる[3]。1942年の翼賛選挙では岩手2区(当時)から大政翼賛会の推薦を受けて当選した。

戦後、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となった[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本陸軍将官辞典』221頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』178頁。
  3. ^ a b c d e f 議会新聞社編 『翼賛議員銘鑑』、1943年、112頁。NDLJP:1439721 
  4. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、214頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。