第13軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第13軍
創設 1939年昭和14年)9月23日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 上海
通称号/略称
最終上級単位 支那派遣軍
担当地域 中支
最終位置 上海
主な戦歴 日中戦争-第二次世界大戦
テンプレートを表示

第13軍(だいじゅうさんぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

1939年(昭和14年)9月23日に編成され、支那派遣軍戦闘序列に編入され、主に上海方面を作戦地域とした。

軍概要[編集]

歴代司令官[編集]

  • 西尾寿造大将(陸士14期:1939年(昭和14年)9月12日 - 1939年(昭和14年)10月26日)
  • 藤田進中将(陸士16期:1939年(昭和14年)10月26日 - 1940年(昭和15年)12月2日)
  • 沢田茂中将(陸士18期:1940年(昭和15年)12月2日 - 1942年(昭和17年)10月8日)
  • 下村定中将(陸士20期:1942年(昭和17年)10月8日 - 1944年(昭和19年)3月22日)
  • 永津佐比重中将(陸士23期:1944年(昭和19年)3月22日 - 1945年(昭和20年)2月1日)
  • 松井太久郎中将(陸士22期:1945年(昭和20年)2月1日 - 終戦)

歴代参謀長[編集]

  • 桜井省三少将(陸士23期:1939年(昭和14年)9月4日 - 1941年(昭和16年)1月20日)
  • 前田正実少将(陸士25期:1941年(昭和16年)1月20日 - 1941年(昭和16年)9月19日)
  • 唐川安夫少将(陸士29期:1941年(昭和16年)9月19日 - 1942年(昭和17年)12月1日)
  • 木下勇少将(陸士26期:1942年(昭和17年)12月1日 - 1944年(昭和19年)1月17日)
  • 佐々真之助少将(陸士27期:1944年(昭和19年)1月17日 - 1944年(昭和19年)11月22日)
  • 山本敏少将(陸士32期:1944年(昭和19年)11月22日 - 1945年(昭和20年)2月1日)
  • 土居明夫少将(陸士29期:1945年(昭和20年)2月1日 - 終戦)

最終司令部構成[編集]

  • 司令官:松井太久郎中将
  • 参謀長:土居明夫中将
  • 参謀副長:山本敏少将
  • 高級参謀:笹井寛一大佐
  • 高級副官:柿本貫一大佐
  • 兵器部長:朝山親大佐
  • 経理部長:原田佐次郎主計少将
  • 軍医部長:北野政次軍医中将
  • 獣医部長:今泉幾三獣医大佐
  • 法務部長:原憲治法務中佐

所属部隊[編集]

太平洋戦争開戦当時[編集]

終戦時[編集]

砲兵部隊
  • 独立野砲兵第2連隊:広渡顕人大佐
  • 独立野砲兵第9大隊:佐藤篤二少佐
  • 野戦重砲兵第14連隊:佐藤平秋大佐
  • 独立野戦重砲兵第15連隊:佐々木孟久大佐
  • 独立重砲兵第6大隊:田中恒治中佐
  • 独立速射砲第28大隊
  • 迫撃第16大隊:高野精一少佐
  • 迫撃第20大隊:原田照雄大尉
  • 迫撃第22大隊:元田辰次大尉
  • 高射砲第21連隊:野元留芳中佐
工兵部隊
  • 独立工兵第39連隊:幸長健次大佐
  • 独立工兵第60大隊:下小久保重吉少佐
輸送部隊
  • 自動車第29連隊:斎藤厳郎大佐
  • 自動車第38連隊:梅津寛少佐
兵站部隊
  • 第83兵站地区隊:松本万作大佐
  • 第50兵站警備隊:永岡直中佐
  • 第86兵站警備隊:遠藤孝太中佐
  • 第87兵站警備隊
通信部隊
  • 電信第12連隊:谷沢源太郎大佐
  • 電信第35連隊:島田静雄中佐
兵站病院
  • 第156兵站病院(最終位置:南京)
  • 第157兵站病院
  • 第170兵站病院(最終位置:蘇州)
  • 第172兵站病院(最終位置:南京)
  • 第173兵站病院(最終位置:南市)
  • 第174兵站病院(最終位置:徐州)
  • 第175兵站病院
  • 第176兵站病院(最終位置:鎮海)
  • 第190兵站病院
  • 第192兵站病院
補給廠
  • 第13軍病馬廠
  • 中支那野戦兵器廠:木村亀太郎少将
  • 中支那野戦自動車廠:橋本通義大佐
  • 中支那野戦貨物廠:小出享主計大佐
其他直轄部隊
  • 上海俘虜収容所

関連項目[編集]