将官・佐官出身の国会議員の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

陸軍海軍自衛隊において、将官佐官であった経歴を有する日本国憲法下における国会議員の一覧。

  • 衆議院にあっては第23回以降の当選者。
  • 参議院にあっては創立以来の当選者。
  • 将官・佐官の別は旧軍・自衛隊を通じた最終階級による。
  • ()内は当選した選挙を示す。凡例:「参1回(全国区)」は第1回参議院議員通常選挙の全国区にて当選。

将官[編集]

佐官[編集]

  • 長屋茂 海軍大佐 (参8回(全国区)、当選1回)
  • 辻政信 陸軍大佐 (衆25~28回(石川1)、参5回(全国区)、当選5回)
  • 大谷藤之助 海軍中佐 (参4回(全国区)、参6回(全国区)、参8回(全国区)、参10回(全国区)、当選4回)
  • 松野頼三 海軍主計少佐 (衆23~34回(熊本1)、衆36~38回(熊本1)、当選15回)
  • 中曽根康弘 海軍主計少佐 (衆23~40回(群馬3)、衆41・42(比例北関東)、当選20回)
  • 亀岡高夫 陸軍少佐 (衆29~38回(福島1)、当選10回)
  • 佐藤正久 1等陸佐 (参21回(比例区)、参23回(比例区)、当選2回)

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年

関連文献[編集]

  • 土田宏成「戦前期陸海軍出身議員に関する予備的考察」史学雑誌109-3、2000年。帝国議会議員となった将官・佐官出身者の一覧が掲載されている。

外部リンク[編集]