清井正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清井 正(きよい ただし、1910年明治43年)11月14日 - 2006年平成18年)12月13日)は、日本官僚。元農林事務次官東京都出身。

来歴[編集]

東京帝国大学法学部卒業後、農林省入省。食糧庁総務部長、農業改良局長を経て、1953年昭和28年)水産庁長官、1954年(昭和29年)食糧庁長官、1956年(昭和31年)に農林事務次官に就任。

1957年(昭和32年)に退官後、日本穀物検定協会会長、農林漁業金融公庫総裁、農業信用保険協会理事長、日本中央競馬会理事長東京都競馬社長、同会長を歴任した。

略歴[編集]