岩佐凱実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いわさ よしざね
岩佐 凱実
生誕 (1906-02-26) 1906年2月26日
東京都
死没 (2001-10-14) 2001年10月14日(95歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
職業 銀行家

岩佐 凱実(いわさ よしざね、1906年2月6日 - 2001年10月14日)は、日本の実業家銀行家経済同友会代表幹事、安田銀行常務、富士銀行頭取、経団連副会長。(財)日本心臓財団会長。1976年勲一等瑞宝章1986年勲一等旭日大綬章受賞。

来歴・人物[編集]

日露戦争で黒木第二軍の参謀を務めた島田由五郎(のち陸軍少将)の次男として東京で生まれる。 凱旋後に実った子ということから凱実と名付けられた[1]

豊島師範附属小学校開成中学旧制二高を経て、東京帝国大学法学部を卒業[2]

横浜正金銀行への入行を志望したが叶わなかったため、1928年に富士銀行の前身である安田銀行に入行。初任地として小舟町支店に配属となる[3]

金子鋭頭取の引きによって課長に就任してからわずか2年半で常務に昇格。住友銀行系列であった丸紅に融資攻勢を掛け、富士の融資金額が住友を上回ると丸紅に経営不振であった高島屋飯田との合併を持ちかけた。そして丸紅飯田を誕生させたことで、広くその手腕が認知された[4]

1963年に頭取に就任。翌年後半から1965年にかけての証券不況の折には、日本共同証券の設立や山一證券の経営危機を金融当局等と連携し対応して事案処理に奔走した。また1966年には融資系列の社長会である芙蓉会を結成。芙蓉グループを発足させた[4]。このはか、1965年から全国の新入学児童に黄色の腕章を贈る交通安全キャンペーンを始めた。1971年に会長となり、1975年に相談役に退いた[5]

財界活動でも活躍し、1958年から経済同友会代表幹事を務めた。この間、木川田一隆井上英煕とコンビを組んだ[6]。またアメリカとの貿易悪化を懸念する国際派財界人が結成した日米財界経済協議会の代表世話人に選ばれ、日米民間経済人の交流にも尽力した[5]

2001年肺炎で死去。享年95。富士銀行主催のお別れの会ホテルオークラで開かれた。墓は多磨霊園にある。

大学卒業前に日本興業銀行理事を歴任した岩佐珵蔵の養子となった[4]大橋光夫は女婿[7]

出典[編集]

  1. ^ 「日本の人脈 財界 168 岩佐 凱実 中」『読売新聞』1971年8月19日
  2. ^ 『回想八十年 : グローバリストの眼』p.21、p.25、p.32
  3. ^ 『回想八十年 : グローバリストの眼』p.41
  4. ^ a b c 「日本の人脈 財界 169 岩佐 凱実 下」『読売新聞』1971年8月20日
  5. ^ a b 「岩佐凱実氏(元富士銀行頭取)死去」『読売新聞』2001年10月16日
  6. ^ 経済同友会
  7. ^ “私の履歴書 大橋光夫(9)”. 日本経済新聞. (2017年2月9日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO12672880Y7A200C1BC8000/ 2018年6月2日閲覧。 

主な著書[編集]

外部リンク[編集]


先代:
金子鋭
富士銀行頭取
第3代:1963年5月 - 1971年5月
次代:
佐々木邦彦
先代:
河野文彦
経済団体連合会評議員会議長
第7代:1980年5月 - 1986年5月
次代:
山下勇