井上英煕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 英煕(いのうえ ひでひろ、1899年5月15日 - 1979年6月3日)は、日本の実業家経済同友会代表幹事、日本セメント会長。

来歴・人物[編集]

香川県出身。第六高等学校卒業。日本セメントの社長、会長などを歴任した。セメントの第一人者として知られ、「セメント」などの専門書をあらわしたほか、セメント協会でも要職を歴任した。一方で財界活動でも活躍。1958年中山素平日本興業銀行頭取)と組んで経済同友会代表幹事を務めた。同年に同友会は「経営者啓発についての所見」を発表した。1959年には岩佐凱實とコンビを組んで再び経済同友会代表幹事に就任。この年に同友会が行った「新しい経済秩序への見解」の発表を主導した。この年限りで勇退。(1960年は岩佐と木川田一隆が担当)[1]

1979年に死去。

主な著書[編集]

  • 「セメント」
  • 「セメント協会歴代会長・座談会/当協会20年の歩みを顧みて」(「セメント・コンクリート」、1968年3月号)

出典[編集]

  1. ^ 経済同友会