乾豊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

乾豊彦いぬい とよひこ1907年1月28日 - 1993年9月20日)は実業家。乾家5代目当主、元乾汽船会長。元広野ゴルフ倶楽部理事長、関西ゴルフ連盟理事長、日本ゴルフ協会(JGA)名誉会長。旧姓は高橋。

来歴[編集]

名古屋の旧家高橋家、高橋彦治郎(後に彦次郎に改名)の七男として生まれる。父彦治郎は、中京財界の大立者といわれた人物で、茶人、美術収集家でもあった。幼少から父の勧めで書道、能楽、茶道などを習う。三井物産時代、四代目乾新兵衛こと日本鉄線鋼索の経営者乾新治の一人娘の道子と結婚。乾家に入るが、義父の急死で、33歳で乾汽船の社長に就任し乾倉庫などの事業を引き継ぎ「関西のうるさ型」と言われ活躍した。

ゴルフとの関係[編集]

乾豊彦は太平洋戦争を乗り越えた敏腕の実業家でもあったが、無類の趣味人としても有名で、1944年に閉鎖され川崎重工業の戦時農場に徴用されていた広野ゴルフ場を1947年豊彦を中心に7名の委員会を結成し、戦後の時代に、批判されながらもいち早くコース再建に着手した。広野ゴルフ倶楽部、関西ゴルフ連盟理事長、日本ゴルフ協会(JGA)名誉会長を務めるなど、戦後の日本ゴルフ界の発展、国際交流の牽引者だった。また、1982年に開館したJGAゴルフミュージアムを創設し、ゴルフ文化の啓発に尽力した。1993年豊彦逝去の際、日本ゴルフ協会・乾汽船合同葬が執り行われた。

家族[編集]

  • 父:高橋彦次郎(名古屋株式取引所理事長・大正海運社長)
  • 養父:乾新治(4代目乾新兵衛
  • 姉:てる(2代目諸戸清六の妻)
  • 兄:彦二郎(元愛知県穀物卸共同組合会長。妻は2代目諸戸清六の姉ひさ)
  • 兄:吉彦(元内外編物専務)
  • 兄:彦蔵(元中部電力監査役)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]