富士アドシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社富士アドシステム
Fuji Ad. Systems Corp.
種類 株式会社
略称 富士アド
本社所在地 102-0083
東京都千代田区麹町4丁目5番地
KSビル
設立 1954年6月1日
業種 サービス業
事業内容

総合広告代理業
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、
WEB広告、屋外・交通広告など
あらゆる広告媒体の取扱い。

広告の企画立案、各種制作。
イベント・マーケティングリサーチ・
編集・出版などの企画実施。
代表者 代表取締役社長:小松 英士郎
資本金 5千万円
売上高 112億8千万円(2006年3月期)
従業員数 107名
テンプレートを表示

株式会社富士アドシステム(ふじアドシステム)はかつて存在した日本広告代理店である。フジサンケイグループ芙蓉グループの共同出資によって運営されていた。

2007年10月1日に、同じくフジサンケイグループの広告代理店であるビッグショットフジサンケイアドワークティーコムコーポレーションと合併し、クオラスとなった。

株主[編集]

2007年3月1日現在

沿革[編集]

  • 1954年6月1日 - 株式会社共栄広告社設立。
  • 1962年2月 - 芙蓉開発株式会社の資本参加を得、同時に社名を株式会社芙蓉エージェンシーと変更。
  • 1962年12月 - 社名を株式会社フヨーエージェンシーと変更。
  • 1970年11月 - 社名を富士アドシステムと改める。
  • 1986年4月 - 芙蓉懇談会に加盟。
  • 2007年10月1日 - ビッグショット、フジサンケイアドワーク、ティーコムコーポレーションと合併し、クオラスとなる。

備考[編集]

創業のきっかけは、1954年7月のニッポン放送開局。民放ラジオの黎明期にあたり、広告出稿が期待されたことから取扱広告代理店第1号として設立された。

1962年には芙蓉グループが資本参加するが、フジサンケイグループと芙蓉グループは旧富士銀行(現・みずほ銀行、みずほコーポレート銀行)などを通して友好関係にある。

例えば、

  • フジテレビのメインバンクは、現在もみずほコーポレート銀行である。
  • FNSチャリティーキャンペーンにおける募金振込先はみずほ銀行東京中央支店(旧富士銀行本店)である。
  • 以前フジテレビでは芙蓉グループ提供の番組「感動エクスプレス」「満足!迷い旅」を放送していた。
  • みずほ銀行関連の業務が多く、「みずほ連携室」という専門部署が設置されていた(クオラスとなった現在でも設置されている)。

などである。

2007年3月末、フジサンケイグループ内の広告代理店3社(ビッグショット、フジサンケイアドワーク、ティーコムコーポレーション)と経営統合し、同年10月より新会社として出発することが発表された[1]。新会社はフジテレビの連結子会社となる。4社売上を単純計算すると、売上規模では広告代理店ランキング13〜15位あたりとなる見通し。ちなみに2006年12月期の売上では単独で42位。

外部リンク[編集]

脚注[編集]