香西泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

香西 泰(こうさい ゆたか、1933年3月22日 - 2018年5月20日[1])は、日本エコノミスト。第7代政府税制調査会会長。

来歴・人物[編集]

兵庫県出身。父は旧制甲南高等学校教授を経て実業界入りし、兵庫米穀社長を務めた香西精。兄は元住友化学工業社長の香西昭夫。旧制甲南高等学校を経て東京大学経済学部卒業。経済企画庁入庁。同庁経済研究所総括研究官を経て東京工業大学教授東洋英和女学院大学教授。経済研究所統括研究官在職中の1980年、『「日本経済展望」への寄与を中心として』でサントリー学芸賞を受賞。公益社団法人日本経済研究センター理事長、一橋大学経済研究所客員教授、内閣府経済社会総合研究所所長を歴任。

2018年5月20日、老衰のため死去[1]。85歳没。

主張[編集]

日本の昭和恐慌からの脱出は全部、高橋是清の功績のように言うのはどうなのか、すでに情勢が変わってきていたことや満州事変が勃発していたことなども考えないと、評価が偏るのではないかと指摘している[2]。また、失われた10年デフレーションだけで説明できないとしている[2]

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ウィリアム・A.ニスカネン『レーガノミックス アメリカを変えた3000日』日本経済新聞社 1989
  • ジェイン・ジェイコブズ『市場の倫理統治の倫理』日本経済新聞社 1998 のち日経ビジネス人文庫・ちくま学芸文庫
  • ジェイン・ジェイコブズ『経済の本質自然から学ぶ』植木直子共訳 日本経済新聞社 2001 のち日経ビジネス人文庫 

脚注[編集]

  1. ^ a b “香西泰氏が死去 元政府税調会長”. 日本経済新聞. (2018年5月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30834240S8A520C1CZ8000/ 2018年5月23日閲覧。 
  2. ^ a b 連載/石橋湛山を語る東洋経済新報社

外部リンク[編集]