ばばこういち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ばば こういち1933年3月28日 - 2010年4月9日)は、日本のジャーナリスト。本名・馬場 康一。

人物[編集]

大阪府生まれ、山形県育ち。東北大学経済学部卒業、大和證券勤務ののち放送界に入り文化放送フジテレビ東京12チャンネル(現:テレビ東京)勤務の後、1966年にフリーの放送ジャーナリストとなりラジオ関東(現:アール・エフ・ラジオ日本)の『青春インタビュー』やテレビ朝日の『アフタヌーンショー』などテレビ番組の出演、企画制作、執筆・講演活動を行う。特に『アフタヌーンショー』では水曜日の企画「なっとくいかないコーナー」のレポーターを務め、“納得いかない”政治社会問題(主に公共事業や官僚・閣僚の気質、迷惑行為など)を徹底追求した。1977年中山千夏らと革新自由連合を結成、参議院選に出馬するが落選。長女はジャーナリストの堤未果、娘婿が川田龍平。長男はアニメーション作家の堤大介

九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人を務めていた[1]

2010年4月9日腎不全のため77歳で死去[2]

著書[編集]

出典[編集]

  1. ^ マスコミ九条の会(よびかけ人はだれですか)
  2. ^ “放送ジャーナリスト、ばばこういちさん死去”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年4月12日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0412/TKY201004120112.html 2010年4月24日閲覧。