大矢卓史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大矢 卓史
おおや たかし
生年月日 1929年7月9日
没年月日 (1996-02-07) 1996年2月7日(66歳没)
死没地 東京都
出身校 関西大学文学部
所属政党 民社党
→無所属
配偶者
親族 大矢省三(父)
田中幾三(義父)

選挙区 大阪府1区
当選回数 2回
テンプレートを表示

大矢 卓史(おおや たかし、1929年7月9日 - 1996年2月7日)は、衆議院議員(2期)。大阪府議会議員(3期)。正五位勲三等。

経歴[編集]

関西大学文学部新聞学科卒業[1]日本社会党に18歳で入党し、後には父の秘書を務める。

1960年、民社党結成に参加。

1963年、大阪府議会議員選挙当選。以後3期務める。

1979年10月、第35回衆議院議員総選挙に民社党公認で旧大阪1区より立候補したが、落選(以降は連続4回落選)。

1986年10月、先の選挙で当選した湯川宏の死去に伴い、繰上となり初当選。

1990年2月、第39回衆議院議員総選挙に無所属で旧大阪1区より立候補、落選。

1993年7月、第40回衆議院議員総選挙に無所属で旧大阪1区より立候補、当選。

1996年1月、佐藤謙一郎と無所属クラブを結成。

同年2月7日、心不全のため、国立がんセンターで死去。66歳没。

家族[編集]

  • 父 - 大矢省三(元衆議院議員、当選8回)
  • 義父 - 田中幾三(元衆議院議員、当選4回)

その他[編集]

  • 結婚時の仲人は、元衆議院議員の春日一幸が務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 校友7人が当選関大(関西大学新聞 平成5年8月15日)