土井香苗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
どい かなえ
土井 香苗
生誕 (1975-08-22) 1975年8月22日(46歳)
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
出身校東京大学
職業弁護士

土井 香苗(どい かなえ、1975年昭和50年)8月22日 - )は、日本弁護士ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京ディレクター。

略歴[編集]

人物・活動[編集]

  • ヒューマン・ライツ・ウォッチの東京ディレクターとして活動している。
  • 児童養護施設における人権侵害など、日本国内の人権問題についても取り組んでいる。
  • 自宅が「渡辺篤史の建もの探訪」で紹介されたことがある[4]
  • 反レイシズム団体しばき隊の幹部で弁護士の神原元の内縁の妻でもある。
  • カウンターデモに関して、「困っているマイノリティの人々に大きな勇気を与えるもの」、「心の支えになったという人が大勢います。」と乙武洋匡と対談した際、語った[5]
  • 「親はすぐにカーッとなり、それを人に向けて爆発させてしまうところがある」ため、両親が不和になった、と田原総一朗との対談で語った。また、数学が苦手だったという[6]
  • 自らの“人権”に目覚めた後、怒りの矛先が日本政府に対して向かっているという。日本の外務省に関し「ムカつきますよね。何でワタシの国ってこんななんだろうって…」と語った[7]
  • 活動の原点は、日本政府の難民に対する「あまりにもひどい」という怒りだという。2002年4月当時、しんぶん赤旗の取材に対して、日本を「難民虐待国」と評した。また、日本国憲法第9条の「すばらしさ」について語り、日本が有事法制を整備することに反対している。コスタリカに関しては、「軍隊を持たないかわりに、民衆に積極的な平和を求める強い力」等と述べた[8]
  • はすみとしこの作品『そうだ難民しよう! はすみとしこの世界』(2015年12月青林堂)の出版発売に対し、2015年12月21日に辛淑玉らと非難の記者会見を開催した[9]

著書[編集]

共著[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネットテレビ[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 土井香苗氏 インタビュー DTI 2006年9月
  2. ^ 土井香苗 プロフィールアカデミーヒルズ
  3. ^ 上から5番までは本物です 首席で卒業した男の頭脳「東大までの人」と「東大からの人」第2弾 vol.1”. 現代ビジネス (2010年3月15日). 2014年10月11日閲覧。
  4. ^ 東京都大田区・土井+神原邸 -極楽の“8畳”バスルーム 家にいながらホテルライフ - 建もの探訪”. テレビ朝日. 2016年1月3日閲覧。
  5. ^ 土井香苗「人権侵害の敵は無関心”. R25 (2014年5月30日). 2014年10月11日閲覧。
  6. ^ 才媛が選んだ「人権の監視人」【1】 -対談:ヒューマン・ライツ・ウォッチ 東京事務所代表 土井香苗×田原総一朗”. PRESIDENT (2013年11月18日). 2014年10月11日閲覧。
  7. ^ 【土井香苗】エリート弁護士より人権保護 人への愛、熱く厚く”. 夕刊フジ (2010年1月12日). 2014年10月11日閲覧。
  8. ^ 有事立法わたしは反対 弁護士 土井 香苗さん わかりやすさと「する」運動”. しんぶん赤旗 (2002年4月11日). 2014年10月11日閲覧。
  9. ^ 『そうだ難民しよう!』画集発売に出版関係者ら抗議 「あからさまな差別の扇動」”. ハフィントン・ポスト (2015年12月21日). 2015年12月22日閲覧。
  10. ^ 徹底解説「テレビが触れないシリアの真実」~子ども虐殺、紛争映像から何が見えるのか~”. ニコニコ生放送. 2017年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]