林七六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林七六

林 七六(はやし しちろく、1875年明治8年)9月[1] - 1950年昭和25年)[2]2月9日[3])は、大正から昭和時代前期の政治家衆議院議員貴族院多額納税者議員実業家長野県岡谷市長。

経歴・人物[編集]

林新一郎の長男として長野県諏訪郡平野村(現・岡谷市)に生まれる[1][2]。家業の醸造業を継ぎ、1928年(昭和3年)南信塩元売捌代表社員、長野県酒造組合連合会代議員、1935年(昭和10年)全国醤油醸造組合連合会理事、1939年(昭和14年)全国酒造組合中央会常任評議員、1940年(昭和15年)長野県石油配給会社社長など要職を歴任した[2]

この間、政治家としては、諏訪郡会議員、長野県会議員(2期)を経て、1930年(昭和5年)衆議院議員、1932年(昭和7年)貴族院多額納税者議員、1940年(昭和15年)岡谷市会議長、1945年(昭和20年)岡谷市長を歴任した[2]1946年(昭和21年)11月16日、市長を退任した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 帝国秘密探偵社 1943, 長野20頁.
  2. ^ a b c d 赤羽ほか 1989, 571頁.
  3. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』217頁。
  4. ^ 赤羽ほか 1989, 808頁.

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社 編 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』 帝国秘密探偵社、1943年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1229896 
  • 赤羽篤ほか 編 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年。ISBN 4876631263 
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。