箸本太吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
箸本太吉

箸本 太吉(はしもと たきち、1892年明治25年)7月16日[1]1961年昭和36年)7月25日[2])は、衆議院議員立憲政友会)、外務参与官ジャーナリスト

経歴[編集]

石川県金沢市出身[3]日本大学で学んだ後、『中外商業新報』政治部記者となり、ロンドン特派員を務めた。その後『萬朝報』に入社し、常務取締役営業局長・編集局長、専務取締役・主筆を歴任した。また平沼騏一郎日本大学総長の秘書や日本大学講師を務めた[3]

1928年(昭和3年)、第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。合計で5期務めた。その間、平沼内閣で外務参与官に就任した。

1946年(昭和21年)、大政翼賛会の推薦議員のため、公職追放となった[4]

その他に少年保護司としても活動し、財団法人輔成会嘱託、少年保護協会幹事を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『人事興信録』
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ a b c 『衆議院要覧』
  4. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙)昭和三年』衆議院事務局、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版(下)』人事興信所、1934年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。