山内亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山内 亮(やまうち りょう、1886年明治19年)12月20日 - 1960年昭和35年)7月26日)は、日本政治家青森県八戸市の5代目市長。終戦直前の1945年8月、米軍による空襲の予告を受けて全市民に総退去を命じた。

来歴・人物[編集]

主な政策[編集]

戦争末期の総退去命令[編集]

戦争末期に青函連絡船を撃沈したハルゼー機動部隊により1945年(昭和20年)7月14日に八戸・三沢が空襲を受け、日東化学工業尻内駅が被害を受けた。さらに8月5日B29爆撃機が八戸市に飛来し八戸空襲を予告、8月9日にハルゼー機動部隊により八戸港にいた海防艦が撃沈された。こうした状況を受け、空襲や艦砲射撃による攻撃を見越し、8月10日八戸市中心市街地からの総退去命令を決断した。

終戦時にはハルゼー機動部隊は三陸海岸沖に撤退しており、市街地は閑散とした状況であった[3]

その他[編集]

1943年(昭和18年)に戦時下の国や県の強い意向により、いったん市営自動車(現在の八戸市営バス)を五戸鉄道(現在の南部バス)に統合させた。後に1948年(昭和23年)に市営バス事業は再発足する。

1944年(昭和19年)に八戸市立工業学校(現在の青森県立八戸工業高等学校)を設立した。

関連[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』673頁。
  2. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、745頁。NDLJP:1276156 
  3. ^ 「写真で見る八戸の歴史 太平洋戦争」1973年、社会経済史研究会 200P、234P

参考文献[編集]

  • 「写真で見る八戸の歴史 太平洋戦争」1973年、社会経済史研究会
  • 「八戸市議会史 記述編 下」1979年、八戸市