中村拓道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 拓道(なかむら たくどう、1911年明治44年)4月22日[1] - 1974年昭和49年)5月28日[2])は、日本の政治家青森県八戸市の12代目市長

来歴・人物[編集]

1911年(明治44年)4月、 青森市に生まれる。旧制青森中学校(現青森県立青森高等学校)を経て、1930年(昭和5年)、青森県師範学校を卒業し、小学校で教鞭を執る[2]1941年(昭和16年)、 青森県庁に入庁[3]。地方事務所長などを歴任する。1951年(昭和26年) 、青森県議会議員に立候補して初当選[1][4]、連続四期在職する[3]。農林商工水産農地副委員長、予算特別委員長、水産商工公安副委員などを経て[3]1961年(昭和36年)、 県議会副議長に就任[2]1964年(昭和39年)、東北電力(株)監査役に就任[3]1965年(昭和40年)、現職の岩岡徳兵衛を破って八戸市長に就任[2]1969年(昭和44年)12月、衆議院議員総選挙に初当選[5]1972年(昭和47年)12月、 衆議院議員総選挙に再選[5]。1974年(昭和49年)5月28日 、在職中に死去。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『大衆人事録』第19版、東日本篇、帝国秘密探偵社、382頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』456頁。
  3. ^ a b c d 『日本の歴代市長』第1巻、203頁。
  4. ^ 昭和二十六年四月執行 地方選挙結果調 青森県選挙管理委員会
  5. ^ a b 『朝日選挙大観』448頁。

関連人物[編集]

参考文献[編集]

  • 『大衆人事録』第19版、東日本篇、帝国秘密探偵社、1957年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 衆議院参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 朝日新聞選挙本部編『朝日選挙大観』朝日新聞社、1997年。
公職
先代
岩岡徳兵衛
八戸市旗青森県八戸市長
1965年 - 1969年
次代
秋山皐二郎