田中養達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中養達

田中 養達(たなか ようたつ、1885年明治18年)6月12日[1] - 1956年昭和31年)10月3日[2])は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党国民同盟東方会)、産婦人科医

経歴[編集]

滋賀県犬上郡南青柳村(現在の彦根市)の今村家に生まれ、田中貞蔵の養子となった。1907年(明治40年)に愛知医学専門学校(現在の名古屋大学医学部)を卒業し、さらに京都帝国大学産婦人科教室で研究を重ね、坂田郡米原町(現在の米原市)に産婦人科医院を開業した。坂田郡会議員、滋賀県会議員、同参事会員を歴任。

1926年大正15年)に衆議院補欠選挙に当選[3]第20回衆議院議員総選挙に至るまで5回当選を果たした。

出典[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、18頁。
  2. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  3. ^ 『官報』第4113号、大正15年5月12日。

参考文献[編集]

  • 『滋賀県人物名鑑 下巻』 滋賀日出新聞社、1931年