臼田久内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

臼田 久内(うすだ きゅうない、1864年2月26日文久4年1月19日[1]) - 1945年昭和20年)7月4日[2])は、日本実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

因幡国法美郡立川町(現鳥取県鳥取市立川町)[3]で、鳥取藩士・臼田久雄、つね夫妻の二男として生まれる[1][3]立川小学校を卒業[3]後、京都市丸太町烏丸の林益習館で学んだ[1][2][4]

小学校教員を経て、第八十二国立銀行に勤務[1][3]1895年神戸の戸崎商店[5]に入り大牟田支店詰となる[1][3]1905年に独立して臼田商会を設立[1][3]。鉄道鉱山用品を扱い、炭鉱に鉄類などを納入して事業を発展させた[1]。その後、三池無尽取締役、大牟田瓦斯取締役社長、帝国セメント監査役、大牟田製氷取締役社長、博多株式取引所理事などを務めた[1][2]

政界では、1907年、大牟田町会議員に当選。その後、三池郡会議員、大牟田市会議員、同参事会員、同議長などを歴任[1][2][4]1915年3月、第12回衆議院議員総選挙で鳥取県鳥取市選挙区から出馬して当選したが[1][2]1916年3月23日、衆議院議員選挙法違反事件で大審院の裁判確定により議員を退職した[6]1917年4月、第13回総選挙で再選[2][3]1928年2月、第16回総選挙で福岡県第三区から出馬して当選し、衆議院議員を通算三期務めた[1][2][3]

1945年7月、鳥取市で病のため死去した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『大牟田市史』下巻、922-923頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』93頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『鳥取県大百科事典』90頁。
  4. ^ a b 『地方自治政の沿革とその人物』大牟田市之部8頁。
  5. ^ 『大牟田市史』下巻、922頁では「百崎商店」。
  6. ^ 『官報』第1092号、大正5年3月25日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『鳥取県大百科事典』新日本海新聞社、1984年。
  • 大牟田市史編集委員会編『大牟田市史』下巻、大牟田市、1968年。
  • 税田幸一『地方自治政の沿革とその人物』自治通信社、1931年。