中谷貞頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかたに さだより
中谷 貞頼
中谷 貞頼
中谷貞頼の肖像写真
本名 中谷 貞頼
生年月日 (1887-02-08) 1887年2月8日
没年月日 (1954-11-21) 1954年11月21日(満67歳没)
出生地 日本の旗 日本 高知県高知市
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家映画製作者弁護士政治家
ジャンル 映画
配偶者 中谷春枝
著名な家族 中谷健 (長男)
中谷明(次男)
中谷俊(孫)
中谷元(孫)

中谷 貞頼(なかたに さだより、1887年[1] - 1954年)は、日本の実業家映画製作者弁護士政治家である。大正から昭和初年にかけて衆議院議員であり、日本活動写真(日活)の専務取締役、代表取締役社長として映画を製作した。衆議院議員の中谷元は孫。

来歴・人物[編集]

1887年(明治20年)、高知県に生まれる。

上京し、東京帝国大学法学部独法科を卒業した。内務省に入省し、広島県警察、東京警視廳(現在の警視庁)勤務を経て、弁護士となった。

明治漁業取締役、露領水産組合副会長を務め、1907年(明治40年)に締結された日露漁業協約の1918年(大正7年)の改定に向けての会議では、漁業者代表最高顧問としてロシアモスクワへ派遣された。

1912年(大正元年)9月10日に設立された映画会社・日本活動写真(日活)の取締役に就任する。

43歳になる1920年(大正9年)5月10日、高知県の選挙区で憲政会から衆議院議員に立候補するも落選、1924年(大正13年)5月10日の同選挙で当選した。1928年(昭和3年)2月20日の衆議院議員選挙からは立憲政友会から立候補し、当選している。同一選挙区に浜口雄幸がいた。以降、1936年(昭和11年)2月20日の選挙で落選するまで、連続4期でつとめた。

1932年(昭和7年)8月、当時日活の専務取締役だった中谷は、日活太秦撮影所の名物所長・池永浩久を初めとする約200名を解雇、自らが同撮影所長を兼務した。1934年(昭和9年)に日活社長に就任。東京都調布市多摩川日本映画株式会社撮影所を買収、「日活多摩川撮影所」とし、現代劇部を京都から移転した。当初、中谷が所長を兼務したが、のちに根岸寛一に交代した。また同年、日活京都撮影所製作部長だった永田雅一が中谷と衝突し、永田は日活を退社、第一映画を設立している[2]。この騒動の責任を取って、のちに日活社長を辞任している。以後の日活はライバルの松竹と東宝の争覇上に置かれる、隷属会社的存在となる。

1954年(昭和29年)、68歳で死去。

おもなフィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、30頁。
  2. ^ 立命館大学公式サイト内の水口薫の論文「アート・リサーチセンター 1999年度秋季連続講演会 第3回「京都の映画の昔と今」」の記述を参照。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]