原吉郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

原 吉郎(はら きちろう、1874年9月30日[1] - 1955年12月17日[2])は、日本の衆議院議員、初代柏崎市長

経歴[編集]

現在の新潟県柏崎市出身。東京専修学校に学び[2]日露戦争に参加する。その後は造酒屋を経営する傍ら、枇杷島村議、同村長、刈羽郡議、新潟県議、同副議長、柏崎町議、同町長を経て、1940年柏崎市が施行されると初代市長に就任した。4年後の1944年にも再任され[1]、終戦直後の1945年12月には柏崎ガス会社を市営にした[1]。翌1946年1月に退任。公職追放により[3]、一切の公職から手を引いた。1955年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、71頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 衆議院議員』、521頁。
  3. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年88頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。