会田洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
会田洋
あいだ ひろし
生年月日 (1947-03-28) 1947年3月28日(74歳)
出生地 日本の旗 新潟県柏崎市
出身校 東京大学工学部
前職 地方公務員長岡市
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2004年12月6日[1] - 2016年12月5日
テンプレートを表示

会田 洋(あいだ ひろし、1947年3月28日 - )は、日本政治家。元新潟県柏崎市長(3期)。

概要[編集]

新潟県柏崎市生まれ。新潟県立柏崎高等学校東京大学工学部卒業。

大阪市役所に就職後、1977年に長岡市役所へ。2002年から財団法人環日本海経済研究所へ。

2004年柏崎市長選挙に出馬し、自民党公明党の推薦を受けた現職の西川正純柏崎刈羽原子力発電所再稼働容認派の桜井雅浩[2]らをおさえ初当選した[3]

2008年、前回戦った桜井雅浩を破り再選[4]2012年の柏崎市長選は、原発推進派に推された元共同通信社論説委員長の西川孝純を破り3選。

2013年7月に柏崎刈羽原子力発電所の再稼働問題に関し東京電力広瀬直己社長と会談し、「手続きもないまま申請を発表したことは、誠に遺憾。」と、東京電力の姿勢を批判した[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]