沢田利吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沢田 利吉(澤田 利吉、さわだ りきち、1879年明治12年)8月7日[1] - 1944年昭和19年)2月14日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

北海道で沢田義右衛門の三男として生まれる[3]寿都郡黒松内村(現黒松内町)に在住し雑貨商を営む[4]。日本空罐問屋商業組合理事長、南尻別電気社長、北海道日日新聞社長、日本空罐統制社長などを務めた[2]

政界では、黒松内村会議員、札幌市会議員、北海道会議員、同参事会員、地価調査委員、小作調停委員などを歴任[2]

1924年5月の第15回衆議院議員総選挙で北海道第12区から憲政会所属で出馬し当選[2]。以後、第17回第19回第20回第21回総選挙翼賛政治体制協議会推薦)でも当選し、衆議院議員を通算五期務め、在任中に死去した[2]。この間、平沼内閣商工参与官鉄道会議議員を務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、36頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』299頁。
  3. ^ 『人事興信録』第9版、サ140頁。
  4. ^ 『北海道人名辞書』第二版、444頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 金子信尚編『北海道人名辞書』第二版、北海民論社、1923年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第9版、1931年。