三井徳宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

三井 徳宝(みつい とくほう、1875年明治8年)10月16日[1] - 1952年昭和27年)4月5日[2])は、日本実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

山梨県北巨摩郡清春村[3]三井泉林の長男として生まれる[4]。漢学を修める[2]1893年帯広に移り銅鉄金物店を開業[3]。その後、野付牛町の開拓に関わり、農業、鉱山業も手掛ける[2]。北海林産取締役、北海農産工業取締役、北海道造営取締役、北海道拓殖監査役などを務めた[2][4]

政界では、帯広町会議員、相続税審査員、所得調査委員、北海道会議員、同副議長を歴任[2]1928年2月の第16回衆議院議員総選挙で北海道第5区から立憲政友会所属で出馬し当選[2]。その後、第17回から第19回総選挙まで三回連続で当選し、衆議院議員を通算四期務めたが[2]、任期途中の1937年2月16日に議員を辞職した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、36頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』621頁。
  3. ^ a b 『北海道人名辞書』第二版、575頁。
  4. ^ a b 『人事興信録』第8版、ミ3頁。
  5. ^ 『官報』第3035号、昭和12年2月17日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 金子信尚編『北海道人名辞書』第二版、北海民論社、1923年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年。