森正則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 正則(もり せいそく[1] / まさのり[2]1872年5月9日(明治5年4月3日[3])- 1936年昭和11年)1月23日[1])は、日本実業家政治家衆議院議員。旧姓・岡本[4]

経歴[編集]

愛媛県出身[4]。漢学を修め[1]、森久通の養子となる[4]小樽に移り丸越早川商店(文房具商)の店主に就任[2]。小樽商業会議所会頭、小樽慈恵病院理事長、小樽市火災予防組合連合会長、小樽商工会議所議員、小樽取引所理事長、大正証券社長、北海道製紙社長などを務めた[1][4]

政界では、小樽区会議員、北海道会議員、小樽市会議員を歴任[1]1928年2月の第16回衆議院議員総選挙で北海道第1区から立憲政友会所属で出馬して当選し、衆議院議員を一期務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』650頁。
  2. ^ a b 『北海道人名辞書』第二版、224頁。
  3. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、35頁。
  4. ^ a b c d 『人事興信録』第8版、モ34-35頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 金子信尚編『北海道人名辞書』第二版、北海民論社、1923年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年。