赤尾藤吉郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤尾藤吉郎

赤尾 藤吉郎(あかお とうきちろう、1871年9月1日(明治4年7月17日[1])- 1938年昭和13年)10月3日)は、日本の政治家、弁護士。衆議院議員立憲政友会)。

略歴[編集]

1871年(明治4年)7月、山梨県東八代郡英村に生まれる。1895年(明治28年)に和仏法律学校法政大学の前身)を卒業、弁護士試験に合格し、東京地方裁判所所属弁護士として弁護士業に従事する。

四谷区議員などを経て、1928年(昭和3年)に第16回衆議院議員総選挙に当選する。1938年(昭和13年)10月3日に死去。
墓所は青山霊園1-イ1-19。正面赤尾家之墓。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、6頁。

参考[編集]

  • 『衆議院議員略歴』(衆議院事務局、1932)
  • 『日本人物情報大系 第30巻』(皓星社、2000)