中野猛雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 猛雄(なかの たけお、1883年明治16年)11月2日[1] - 1950年昭和25年)8月27日)は、日本の政治家衆議院議員(4期)。

経歴[編集]

熊本県出身。1907年早稲田大学政治経済科卒[2][3]宮地岳村[2][3]、熊本県議を経て[2][3]1928年第16回衆議院議員総選挙で熊本2区(当時)から立憲政友会公認で立候補して初当選。以来4回連続当選した[3]

他、肥州窯業、九州新聞(現:熊本日日新聞)の各社長[2][3]、中西銀行、九州商船などの取締役も務めた[2]

戦後、公職追放となり[4]、追放中の1950年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第七十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1936年、31頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』450頁。
  3. ^ a b c d e 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ株式会社、2003年、443頁。
  4. ^ 公職追放の該当事項は「九州新聞社取締役社長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、418頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]