小西和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小西和

小西 和(こにし かなう、1873年明治6年)4月26日 - 1947年昭和22年)11月30日)は、日本の衆議院議員立憲国民党中正会憲政会立憲民政党)、実業家

経歴[編集]

名東県寒川郡長尾名村(現在の香川県さぬき市長尾名)出身。札幌農学校植物学を専攻した。東京朝日新聞に入社して、博物方面の記事を担当し、『日本の高山植物』(二松堂、1906年)を著した。また日本海洋会の理事となり、『瀬戸内海論』(文会堂、1911年)を著した。

実業方面では、南満州製糖株式会社・亜細亜煙草株式会社・中国葉煙草株式会社・東亜拓殖興業株式会社の取締役を歴任した。

1912年(明治45年)の第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、7回の当選回数を数えた。

参考文献[編集]

  • 広幡明男 『大正13年5月当選 代議士詳覧』 泰山堂、1924年