福田五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福田五郎

福田 五郎(ふくだ ごろう、1877年明治10年)10月3日[1][2] - 1931年昭和6年)6月23日[3])は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党)、検事

経歴[編集]

佐賀市出身。兄は佐賀商業会議所会頭となった福田慶太郎[4]1905年(明治38年)、京都帝国大学法科大学卒業[1]。司法官試補から福岡地方裁判所判事、小倉区裁判所判事、熊本区裁判所検事、熊本地方裁判所検事、福岡地方裁判所検事、仙台区裁判所検事、神戸区裁判所検事兼神戸地方裁判所検事を歴任した。1919年(大正8年)、官を辞し、海運業を営んだ[4]

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、3回の当選を重ねた。その間、濱口内閣逓信参与官を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『帝国法曹大観』p.651
  2. ^ 『衆議院要覧』では9月生まれ。
  3. ^ 『官報』第1347号、昭和6年6月27日
  4. ^ a b 『代議士詳覧』p.545

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙)昭和五年四月』 衆議院事務局1930年
  • 広幡明男 『大正十三年五月当選 代議士詳覧』 泰山堂、1924年
  • 『帝国法曹大観』 帝国法曹大観編纂会、1915年