牧山耕蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牧山耕蔵

牧山 耕蔵(まきやま こうぞう、1882年1月20日[1] - 1961年6月5日)は、日本政治家衆議院議員(8期)。所属政党は立憲政友会政友本党立憲民政党同交会

経歴[編集]

現在の長崎県壱岐市出身。1906年早稲田大学政治経済科卒。朝鮮に渡り、京城居留民団議員、京城学校組合会議員、朝鮮新聞社社長などを務める。1917年第13回衆議院議員総選挙で初当選。以来連続8期務める。第二次若槻内閣海軍政務次官に就任、1936年には列国議会同盟会議(開催国ハンガリー)に日本議員団の団長として参加した。1942年第21回衆議院議員総選挙(いわゆる「翼賛選挙」)で非推薦で立候補したが落選した。戦後は公職追放となり、追放解除後の1953年第26回衆議院議員総選挙長崎2区から分党派自由党公認で立候補したが落選。その後は立候補することなく1961年死去。

この他、長崎日日新聞社、佐世保新聞社、国際観光興業各社長などを務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年、p.34。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。
  • 楠精一郎著『大政翼賛会に抗した40人 自民党源流の代議士たち』(朝日新聞社、2006年)