久山知之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久山知之

久山 知之(くやま ともゆき、1889年明治22年)4月1日[1] - 1968年昭和43年)2月3日[2])は、日本政治家衆議院議員[3]岡山県会議員[4])、実業家著述業[1][5][6]

経歴[編集]

岡山県久米郡大井西村(現津山市)に生まれた[7]。久山茂樹の長男[8][4][9]1909年家督を相続した[8][4][9]早稲田大学に学び[5][7]、中退した[10]中国民報社に勤務した[4]。高信銀行支店長[4][9]、同支配人[7]、久山工業所長[7]、西美鉄道、美作電化工業各会社重役を務めた[4]

1919年、岡山県会議員に当選[4]1928年、衆議院議員に当選[8][4]立憲政友会に所属した[8][11]。立憲政友会総務を務めた[2][10]1937年6月、第1次近衛内閣で司法政務次官に任ぜられ[2][4]1939年1月、退任した[4]

戦後、大政翼賛会の推薦議員のため、公職追放となった[12]

政策・主張[編集]

政見[編集]

戦前に久山は、「議会より自由主義を一掃せよ」、「自我功利の自由主義的思想に基づく一切の政治行動は一掃さるべき」と政見を述べていた[7]

政見綱領[編集]

人物[編集]

趣味は温室園芸[4][9][11]。宗教は神道[4][9][11]。岡山県在籍[4][9]、住所は岡山市南方[8]、東京市目黒区自由が丘[3][4][9]

家族・親族[編集]

久山家
  • 政野(岡山、高田信一郎の長男爲美の妻)[11]
  • 小春(高知、野崎隆幸の妻)[11]
  • 文女(美甘熊七の長男衡平の妻)[11]
親戚
  • 高田信一郎(岡山県多額納税者、農業[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『帝國議會衆議院議員名簿 衆議院公報附録 第80囘』岡山県24頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年3月4日閲覧。
  2. ^ a b c 久山 知之とはコトバンク。2018年9月2日閲覧。
  3. ^ a b 『日本紳士録 第38版』東京クの部281頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『人事興信録 第13版 上』ク21頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月2日閲覧。
  5. ^ a b 『総選挙大観 昭和12年』113頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 『粛正選挙代議士名鑑』163頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月10日閲覧。
  7. ^ a b c d e 『翼賛議員銘鑑』151頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月2日閲覧。
  8. ^ a b c d e 『人事興信録 第8版』ク22頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月23日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第14版 上』ク21頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月23日閲覧。
  10. ^ a b 『翼賛選挙大観』104頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月7日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j 『人事興信録 第12版 上』ク26頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月2日閲覧。
  12. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日1面
  13. ^ 『人事興信録 第9版』タ111頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第38版』交詢社、1934年。
  • 『粛正選挙代議士名鑑』選挙粛正中央会編纂部、1936年。
  • 朝日新聞社編『総選挙大観 昭和12年』朝日新聞社、1937年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 『帝國議會衆議院議員名簿 衆議院公報附録 第80囘』衆議院、1942年。
  • 『翼賛選挙大観』朝日新聞社、1942年。
  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。

関連項目[編集]