小久江美代吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小久江 美代吉(おぐえ みよきち[1]1880年明治13年)2月15日[2] - 1979年昭和54年)8月18日[1])は、日本の政治家弁護士衆議院議員立憲民政党)。

略歴[編集]

1880年(明治13年)2月、静岡県小笠郡笠原村に生まれる。1901年(明治34年)に明治法律学校を卒業し、1903年(明治36年)に和仏法律学校(現・法政大学)を卒業する。判事検事登用試験に合格し、司法官試補を経て、弁護士業に従事する。

神田区議員東京市会議員・学務委員などを経て、1928年(昭和3年)に第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選する。以降、第17回衆議院議員総選挙第19回衆議院議員総選挙に当選する。

終身東京市会議員の待遇を受け、また、法政大学明治大学の評議員を務めた。

著書[編集]

  • 『江木法相の憲法違犯論』星鳳社、1926年。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』108頁。
  2. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、16頁。

参考文献[編集]

  • 『衆議院議員略歴』衆議院事務局、1932年。
  • 『日本人物情報大系 第30巻』皓星社、2000年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。