佐藤謙之輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 謙之輔(さとう けんのすけ、1886年明治19年)9月17日[1] - 1957年昭和32年)11月15日[1][2])は、大正から昭和前期の実業家政治家衆議院議員。謙之と表記する場合がある[1]

経歴[編集]

新潟県[2]南蒲原郡小栗山村[1]新潟村[3]、見附町を経て現見附市)で、旧家・佐藤宗弥の二男[注 1]として生まれる[3][4]。1913年(大正2年)東京帝国大学法科大学政治学科を卒業[1][2][3][4]。1914年(大正3年)家督を相続した[3][4]

大学卒業後、新潟自動車商会に入り、その後、同社長となる[1][3]。その他、相互信用無尽会社社長、新潟土地取締役、新潟建物取締役、新潟硫酸監査役、新潟新聞監査役、新潟銀行(現第四銀行)取締役、新潟港湾倉庫取締役、日本海倉庫取締役などを務めた[1][2][3][4]

政界では、新潟村会議員に就任[2][3]。また、新潟県会議員に選出された[1][2][3][4]1930年(昭和5年)2月、第17回衆議院議員総選挙で新潟県第3区から立憲民政党公認で出馬して初当選[1]。その後、第19回第20回総選挙で再選され、衆議院議員を通算3期務めた[1][2]。この間、第1次近衛内閣商工参与官などを務めた[1][2]

また、新潟村農会長、新潟県畜産組合連合会副会長、同家畜保険組合連合会長、新潟競馬倶楽部常務理事、帝国馬匹協会理事、日本競馬会評議員、日本中央馬事会理事なども務めた[2]

著作[編集]

  • 『金の戦争』銀座書房〈戦時下国民読本 第1輯〉、1938年9月10日。NDLJP:1098185

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『越佐人物誌 上巻』418頁では長男。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『越佐人物誌 上巻』418頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『議会制度百年史 - 衆議院議員』274頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『越・佐傑人譜 昭和14年度』さ6頁。
  4. ^ a b c d e 『人事興信録 第9版』サ33頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 日本風土民族協会編『越・佐傑人譜 昭和14年度版』日本風土民族協会、1938年。
  • 牧田利平編『越佐人物誌 上巻』野島出版、1972年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。