庄司良朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
庄司良朗

庄司 良朗(しょうじ よしろう、1879年明治12年)12月17日[1] - 1931年昭和6年)6月22日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。ジャーナリスト実業家

経歴[編集]

静岡県駿東郡原町(現在の沼津市)出身[3]静岡中学校を経て[4]1901年(明治34年)に東京専門学校(現在の早稲田大学)行政科を卒業した[1]1903年(明治36年)、沼津商業学校教諭となるが、翌年に起こった日露戦争に陸軍近衛歩兵少尉として出征し、中尉に昇進した[4]。その後、1908年(明治41年)に早稲田大学英語科を卒業した[1]

駿豆新聞社社長兼主筆、東駿銀行監査役、沼津市畜産組合長、東海石炭株式会社社長、静岡朝報社社主などを務めた[3]。また駿東郡会議員、同議長、静岡県会議員、同参事会員に選出された。

1926年大正15年)、衆議院補欠選挙に出馬し、当選。第16回衆議院議員総選挙第17回衆議院議員総選挙でも再選を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『大衆人事録』
  2. ^ 『官報』第1346号、昭和6年6月26日。
  3. ^ a b 『衆議院議員略歴』
  4. ^ a b 『静岡県職業名鑑』p.75

参考文献[編集]

  • 静岡県職業名鑑編纂会編 『静岡県職業名鑑』 静岡県職業名鑑編纂会、1926年
  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局、1940年