井上剛一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
井上剛一

井上 剛一(いのうえ ごういち、1868年5月4日慶応4年4月12日[1]) - 1946年昭和21年)5月12日[2])は、衆議院議員憲政会立憲民政党)、弁護士

経歴[編集]

紀伊国伊都郡学文路村(現在の和歌山県橋本市)に、水木重左衛門の二男に生まれ、井上又左衛門の養子となった[3]和歌山県師範学校を卒業した後、1887年明治20年)より英吉利法律学校(現在の中央大学)で法学を学び、1889年(明治22年)に代言人試験に合格した[4]。浜松代言人組合に所属し、後には静岡弁護士会長や日本弁護士協会名誉理事に選ばれた[5]

浜松市会議員、静岡県会議員を経て、1920年大正9年)の第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選した。以後、当選回数は合計で4回を数えた。

その他に遠州電気鉄道株式会社取締役などを務めた[5]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、17頁。
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『大日本人物史』いゐの部 P.36
  4. ^ 『岳陽名士伝』P.741-744
  5. ^ a b 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 山田万作 『岳陽名士伝』、1891年
  • 新田宗盛 『昭和五年度版 大日本人物史』 帝国時事通信社、1929年
  • 『衆議院要覧(乙)昭和七年五月』 衆議院事務局1932年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年