鈴木巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木巌

鈴木 巌(すずき いわお、慶応2年3月13日[1]1866年4月27日) - 昭和21年(1946年7月9日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)、ジャーナリスト。小説家鈴木彦次郎の父。

経歴[編集]

盛岡市出身[3]。『東京朝日新聞』記者を経て、郷里で日刊新聞『三陸』を主宰した[3]。さらに浅岸村会議員、岩手県会議員を歴任した[3]

1912年明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し当選。第14回第16回で再選を果たした。

その他、東北鉄道鉱業株式会社取締役、盛岡電灯株式会社相談役[1]、新岩手日報取締役会長[2]を務めた。

出典[編集]

  1. ^ a b 『大衆人事録』
  2. ^ a b 『議会制度七十年史』
  3. ^ a b c 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙)昭和三年』 衆議院事務局、1928年
  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年