佐藤与一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 与一(與一、さとう よいち、1882年明治15年)1月3日[1] - 1940年昭和15年)3月25日[2][3][4])は、昭和期の農業経営者、実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

新潟県中蒲原郡亀田町[4][5][6][7](現新潟市江南区)で、豪農・佐藤与四郎の長男として生まれる[5][7][8][9]早稲田大学で学んだ[2][3][4][6][注釈 1]。1927年(昭和2年)家督を相続し農業を営む[5][4][8][9]

沼垂銀行取締役、亀田実業補習学校講師、亀田町教育会長、同町農会長、同町消防組頭、亀田農業倉庫組合長、亀田信用購買組合長、亀田町青年会長、中蒲原郡青年会長、新潟県青年団長、同体育協会副会長、同農民道場講師などを務めた[2][3][4][5][6][7][8][9]

政界では、亀田町会議員、新潟県会議員を務めた[2][3][4][6][7][8][9]。1928年(昭和3年)2月の第16回衆議院議員総選挙に新潟県第1区から立憲民政党公認で出馬して当選し、1937年(昭和12年)4月の第20回総選挙まで再選され、衆議院議員に連続5期在任した[2][7]。この間、雪害対策調査会委員、神社制度調査会委員などを務めた[4]。1940年3月、衆議院議員在任中に死去した[10]

親族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『人事興信録 第12版 上』サ57頁では卒業。

出典[編集]

  1. ^ 衆議院『第七十一回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1937年、8頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』279頁。
  3. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』288頁。
  4. ^ a b c d e f g 『総選挙衆議院議員略歴』200頁。
  5. ^ a b c d e 『越・佐傑人譜 昭和14年度版』さ17頁。
  6. ^ a b c d 『粛正選挙代議士名鑑』92頁。
  7. ^ a b c d e 『越佐人物誌 上巻』429頁。
  8. ^ a b c d 『昭和十一年度版 帝国人事大鑑』サ之部55頁。
  9. ^ a b c d 『人事興信録 第12版 上』サ57頁。
  10. ^ 『官報』第3965号、昭和15年3月27日。

参考文献[編集]

  • 『昭和十一年度版 帝国人事大鑑』帝国日日通信社、1935年。
  • 『粛正選挙代議士名鑑』選挙粛正中央会編纂部、1936年。
  • 日本風土民族協会編『越・佐傑人譜 昭和14年度版』日本風土民族協会、1938年。
  • 衆議院事務局編『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 牧田利平編『越佐人物誌 上巻』野島出版、1972年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。