大竹貫一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大竹 貫一(おおたけ かんいち、1860年4月2日(安政7年3月12日[1][2] - 1944年昭和19年)9月22日[1][2])は、日本の政治家衆議院議員貴族院勅選議員。族籍は新潟県平民[3][4][5]

経歴[編集]

越後国蒲原郡中之島村(現:新潟県長岡市中之島)で、大庄屋・大竹英治の六男として生まれる[6][7][8]。若槻元輔、長善館(吉田町粟生津)の鈴木惕軒に漢学を学ぶ[6]1873年、新潟学校に入り、1874年に官立新潟英語学校に入学し、土木工学を専攻したが[9]1876年8月に中退した[6][10]

1880年、中之島村会議員に就任(1912年まで在任)[6][10]南蒲原郡会議員、新潟県会議員も務め、刈谷田川改修工事、大河津分水工事の実現に尽力し、「大竹宗」と呼ばれた強い選挙基盤を確立した[2][6]

1894年3月、第3回衆議院議員総選挙に新潟県第四区から出馬して当選[11]。その後、第4回から第5回第7回から第14回まで、第16回から第20回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算16期、34年10ヵ月務めた[2][6][11]1905年9月5日、河野広中らと日比谷公園日露戦争の講和条約ポーツマス条約に反対する集会を開催し、それが暴動の引き金となったため(日比谷焼打事件)、大竹は検挙され起訴されたが1896年4月に証拠不十分で無罪となった[6][7][10]。日露事件の功のため勲四等に叙し旭日小綬章を賜る[3][5]第一次世界大戦後には、普選運動に尽力し普通選挙法の実現に貢献した[2][6][8]

1938年2月14日、貴族院勅選議員に任じられ衆議院議員を退職[11][12][13]1939年支那事変日中戦争)処理方針の意見書を提出し、同年12月4日、貴族院議員を辞職した[7][12][14]藍綬褒章を賜る[15][16]。1944年9月22日、自宅で逝去した[9]

人物[編集]

大竹家32代である[9]。大地主[3][5]、土地の名望家だった[17]。1874年、家督を相続した[17]。趣味は書画、骨董[15][16]。宗教は真宗[15][16]

家族・親族[編集]

大竹家

新潟県南蒲原郡中之島村[3]

  • 父・鳳羽(ほうう、新潟平民)[3][4][5]
  • 母・タタ(新潟、小柳浄雲の長女)[5]
1829年 -
  • 兄・皛七郎[3]
  • 同三男・興亜(東京、喜谷喜和の入夫となり、市郎右衛門と改名)[17]
1884年 -
  • 弟・俶友(分家)[3]
1872年 -
  • 同妻・ミサノ(東京、西澤之助の長女)[17]
  • 妻・ツネ(新潟、久須美秀三郎の従妹)[5]
1862年 -
1882年 -
  • 長女・フサ(新潟、大竹住啓の妻)[3][4][5]
1880年 -
  • 二女・ハル(新潟、丸山豊治郎の弟茂治の妻)[3][4]
1884年 -
  • 三女・ヤイ(東京士族、西村政枝の養子)[3][4]
1888年 -
親戚
  • 喜谷市郎右衛門(東京府多額納税者、薬種商)
  • 丸山豊治郎(高田日報社社長、衆議院議員)
  • 従兄弟の曾孫に女優の大竹しのぶがいる[18]

伝記[編集]

  • 伝記編纂会『大竹貫一先生小伝』大竹貫一伝記編纂頒布会、1953年。

脚注[編集]

  1. ^ a b 故正五位大竹貫一位階追陞の件』 アジア歴史資料センター Ref.A12090540300 
  2. ^ a b c d e 『現代日本朝日人物事典』327頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第4版』を60頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 『人事興信録 第6版』を76-77頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月14日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第3版』を101頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月14日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 『県央の人物』223-225頁。
  7. ^ a b c 『新潟県大百科事典』復刻デスク版、317頁。
  8. ^ a b 『新潟県県民百科事典』141-142頁。
  9. ^ a b c 小伝、中之島が誇る偉大な政治家を偲ぶ 大竹邸記念館。
  10. ^ a b c 『日本近現代人物履歴事典』105頁。
  11. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員』130頁。
  12. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員』105頁。
  13. ^ 『官報』第3333号、昭和13年2月15日。
  14. ^ 『官報』第3875号、昭和14年12月5日。
  15. ^ a b c 『人事興信録 第14版 上』オ112頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月14日閲覧。
  16. ^ a b c 『人事興信録 第13版 上』オ116頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月14日閲覧。
  17. ^ a b c d 『人事興信録 第8版』オ104頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月14日閲覧。
  18. ^ NHKオンデマンド 『ファミリーヒストリー』「大竹しのぶ~語り継がれる大竹様伝説1世紀を経ての出会い~」

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1903-1911年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 野島出版編集部編『新潟県県民百科事典』野島出版、1977年。
  • 新潟日報事業社出版部編『新潟県大百科事典』復刻デスク版、新潟日報事業社出版部、1984年。
  • 西方藤七編著『県央の人物 : 三条・燕・加茂・吉田・分水・寺泊・田上・栄・弥彦・岩室・下田』野島出版、1989年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 朝日新聞社編『現代日本朝日人物事典』朝日新聞社、1990年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。