高島兵吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高島 兵吉(たかしま ひょうきち、1865年8月6日慶応元年6月15日[1] - 1946年昭和21年)2月20日)は、日本政治家徳島県鳴門市出身。

経歴[編集]

板野郡撫養町(現在の鳴門市)で生まれた。後に那賀郡答島で石灰製造業を営んだ[2]

その後、徳島県会議員を経て1917年大正6年)に衆議院議員総選挙に当選、1930年昭和5年)まで通算5回当選した。当初は改進党に所属し、犬養毅に私淑し、行動を共にした。その後、憲政本党国民党革新倶楽部民政党に属した[2]

1946年昭和21年)2月20日、82歳で没する[2]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年、373頁では「慶応2年6月」。
  2. ^ a b c 『阿波人物志』p130

参考文献[編集]

  • 『阿波人物志』原田印刷出版、1973年。
  • 『徳島の昭和二百人』東四国新聞社、1983年。