佐藤正 (衆議院議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤正

佐藤 正(さとう まさし、1884年明治17年)9月8日[1] - 1951年昭和26年)1月12日[2])は、日本の衆議院議員立憲民政党)、拓務参与官教育者実業家

経歴[編集]

宮城県仙台市出身。1909年(明治42年)に早稲田大学哲学科を卒業し、翌年に同研究科を修了した[3]鉄道院総裁官房嘱託を経て、1912年大正元年)から東北帝国大学講師や宮城県立工業学校講師を務め、1915年(大正4年)に早稲田大学学長秘書に転じ、1920年(大正9年)からは教育新聞社社長となり、さらに日本社会教育協会専務理事を務めた[3][4]

1928年(昭和3年)、第16回衆議院議員総選挙に出馬し当選。第19回に至るまで4回連続当選を果たした。その間、岡田内閣で拓務参与官を務めた。

その後、海外教育協会常務理事、日本特殊繊維株式会社社長、南洋特殊繊維株式会社社長、ボルネオ殖産株式会社社長を務めた[1]

著書[編集]

  • 『人物監督之研究』(1910年、求光閣)
  • 『日本人長所短所論』(1913年、東亜堂書房)
  • オイケンの宗教思想』(1914年、アカギ叢書)
  • 『近世社会運動』(1914年、アカギ叢書)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『宮城県名士宝鑑』pp.255-256
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ a b 『代議士月旦』p.29
  4. ^ 『衆議院議員略歴』

参考文献[編集]

  • 大石末吉 『普選の勝者 代議士月旦』 東京平和新報社出版部、1928年
  • 『宮城県名士宝鑑』 宮城県名士宝鑑発刊事務所、1940年
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局、1940年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年