高橋秀臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋秀臣

高橋 秀臣(たかはし ひでおみ、1864年5月31日元治元年4月26日[1]) - 1935年昭和10年)11月14日[2])は、衆議院議員立憲民政党)、ジャーナリスト

経歴[編集]

西条藩士高橋村三郎の長男として[3]伊予国新居郡西条(現在の愛媛県西条市)に生まれた。明治法律学校(現在の明治大学)で法学政治学を学んだ。卒業後、伊予市之川鉱山会社取締役を経て、「進歩党党報」記者、「憲政党党報」記者、北陸タイムス社社長兼主筆を歴任した[2][3]

神田区会議員、東京市会議員、同参事会員を務めた後、1930年(昭和5年)の第17回衆議院議員総選挙に出馬し、当選した。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『青年団結 急務檄言』文学同志会、1901年2月。NDLJP:783000
  • 『地方歳出並に農家経済の実状と非地租継続論』高橋書院、1902年11月。NDLJP:800044
  • 『鉱毒事件と現行法令論』横塚治三久、1902年11月。NDLJP:847338
  • 『日本の富力』大潮社、1923年1月。NDLJP:958659

共著[編集]

  • 高橋秀臣、五十嵐栄吉『国勢調査 日本帝国之富力』保険銀行新報社、1906年12月。NDLJP:799504

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十八回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1930年、1頁。
  2. ^ a b 『衆議院議員略歴』
  3. ^ a b 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 『第一回乃至第十九回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。

外部リンク[編集]