佐藤啓 (帝国議会議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤啓

佐藤 啓(さとう ひらく、1868年2月29日慶応4年2月7日[1]) - 1941年昭和16年)4月21日[2])は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党国民同盟)、山形県西山村長

経歴[編集]

出羽国村山郡西山村(現在の山形県西村山郡西川町)に佐藤里治(衆議院議員)の子として生まれる[3]東京専門学校(現在の早稲田大学)政治科を卒業後、山形日報の経営にあたった。

西山村長、山形県会議員を経て、1920年大正9年)の第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、当選回数は6回を数えた。

その他、山形民報社長、羽陽銀行(山形銀行の前身の一つ)取締役、三山電気鉄道取締役を務めた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、22頁。
  2. ^ 『官報』第4292号、昭和16年5月2日
  3. ^ 『国民同盟陣営展望』
  4. ^ 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 森岩吉 『国民同盟陣営展望』 政界評論社、1934年
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十二年十一月』 衆議院事務局1937年