片野重脩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
片野 重脩
かたの しげなが
Shigenaga katano.jpg
1932年頃の片野重脩
生年月日 (1891-01-21) 1891年1月21日
出生地 日本の旗 日本 秋田県横手町
没年月日 (1978-03-27) 1978年3月27日(87歳没)
出身校 東京帝国大学中退
前職 農業団体役員
所属政党 立憲政友会
称号 藍綬褒章1956年
勲四等旭日小綬章1965年
勲三等瑞宝章1971年
秋田県文化功労者(1969年
従五位(1978年
テンプレートを表示

片野 重脩(かたの しげなが、1891年(明治24年)1月21日 - 1978年(昭和53年)3月27日)は、日本政治家実業家衆議院議員(2期)立憲政友会所属。元秋田相互銀行社長。元秋田銘醸社長。元羽後交通社長。

人物・来歴[編集]

江戸時代は佐竹一族の戸村家の家臣であり、士族。父は茂で、秋田県横手町(現・横手市)出身。東京帝国大学法学部に進むも、病気のため中退し帰郷する。

1922年(大正11年)に、横手町町長に就任する。翌年には、秋田県県議会選挙に出馬し当選。その後には県議会議長も務めた。 1930年(昭和5年)には、衆議院選挙に出馬し当選。議員を2期にわたって務めた。その一方、秋田県の農業団体の役員も務め、農業界の実力者としても君臨した[1][2]

第二次世界大戦後には、公職追放となるが[3]、実業界において活躍。秋田無尽(後の秋田相互銀行。秋田あけぼの銀行に名称変更後、羽後銀行と合併して北都銀行となる)の社長を長年にわたって務めたほか、秋田銘醸第四代社長、横手織物株式会社社長、羽後交通社長、秋田放送取締役なども歴任した[1]

妻ソノは那波亥之助(那波一族)の長女で、子には秋田あけぼの銀行頭取を務めた片野饗一がいる。

経歴[編集]

  • 第一高等学校卒業。
  • 東京帝国大学法学部中退。
  • 1922年(大正11年) - 秋田銘醸取締役、横手町町長。
  • 1923年(大正12年) - 秋田県県議会議員。
  • 1928年(昭和3年) - 秋田県議会議長。
  • 1930年(昭和5年) - 衆議院議員。
  • 1935年(昭和10年) - 秋田県農会(後、農業会)会長。
  • 1942年(昭和17年) - 秋田県森林組合連合会会長。
  • 1947年(昭和22年) - 羽後交通社長。
  • 1949年(昭和24年) - 秋田無尽社長。
  • 1952年(昭和27年) - 秋田銘醸会長。
  • 1955年(昭和30年) - 秋田銘醸社長。
  • 1973年(昭和48年) - 秋田相互銀行会長。
  • 1976年(昭和51年) - 秋田相互銀行顧問。

衆議院議員選挙歴[編集]

家族・親族[編集]

  • 片野家は佐竹一族・戸村氏の家臣
  • 父・茂
  • 母・トメ(寺田隆造の姉)
  • 妻・ソノ(那波亥之助の長女)
  • 叔父・祐吉(妻のソノは奈良右左衛門の三女)
  • 叔母・ヒサ
  • 弟・復次郎(妻のリンは鎌田圓治の孫)
  • 妹・ヒデ(夫の忠吉は婿養子で、須藤敬四郎の次男)
  • 妹・タカは叔父・祐吉の養子となる
親戚
  • 那波三郎衛門(幼名は慎治。那波商店。秋田県多額納税者)
  • 高久多吉(多吉の長男・修一郎の妻は那波亥之助の三女・リカ。リカはソノの妹)
  • 板谷五郎左衛門(幼名は孝之助で、妻は寺田隆造の二女・勝)

出典[編集]

  • 人事興信録8版(昭和3年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『秋田人名大事典第二版』 秋田魁新報社、2000年。
  2. ^ 『秋田相互銀行三十年史』秋田相互銀行、 1980年。
  3. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛体制協議会構成員翼賛県協議長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、221頁。NDLJP:1276156 

外部リンク[編集]