原惣兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
原惣兵衛

原 惣兵衛(はら そうべえ、1891年明治24年)1月20日[1] - 1950年昭和25年)1月30日[2])は、衆議院議員政友本党立憲政友会)、姫路市長

経歴[編集]

兵庫県赤穂郡上郡村出身。1919年大正8年)、日本大学を卒業。弁護士試験に合格した後、ベルリン大学ミュンヘン大学に留学し法学を学んだ。在独中は在独日本人会常任理事を務めた[3]。帰国後、弁護士を開業するかたわら、日本大学幹事兼学生監を務めた。

1924年(大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。当選回数は合計で6回を数えた。その間、阿部内閣鉄道政務次官に就任し、1943年(昭和18年)から1946年(昭和21年)まで姫路市長を務めた。大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となった[4]

その他に東京毎日新聞社副社長を務めた[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、7頁。
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『代議士詳覧』
  4. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面「追放該当者氏名」
  5. ^ 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 広幡明男 『大正十三年五月当選 代議士詳覧』 泰山堂、1924年
  • 『人事興信録 第十二版(下)』 人事興信所、1939年
  • 『衆議院要覧(乙)昭和十七年十一月』 衆議院事務局1942年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年


公職
先代:
坪井勧吉
Symbol of Himeji, Hyogo.svg 姫路市長
13代:1943年 - 1946年
次代:
原惣兵衛
先代:
原惣兵衛
Symbol of Himeji, Hyogo.svg 姫路市長
臨時代理:1946年
次代:
宮垣幸吉