長島隆二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長島隆二

長島 隆二(ながしま りゅうじ、1878年明治11年)11月29日 - 1940年昭和15年)10月8日[1])は、日本の大蔵官僚衆議院議員立憲同志会革新倶楽部立憲政友会)。桂太郎の娘婿。

経歴[編集]

埼玉県北足立郡小谷村(現在の鴻巣市)出身。小谷村長・長島基吉の二男として生まれる[2]

東京府立第一中学校を経て1902年(明治35年)東京帝国大学法科大学卒業(政治学専攻)。大蔵省に入省し、ロンドン駐在を命じられた。1906年(明治39年)に帰国し、専売局事務官・大蔵書記官に任ぜられた。この年に内閣総理大臣桂太郎の三女潔子と結婚した[3]。翌年、大蔵書記官専任になり、国庫課長・造幣支局長に就任した。1908年(明治41年)より内閣総理大臣秘書官を兼任し、第2次桂内閣が退陣する1911年(明治44年)まで務めた。1912年大正元年)、第3次桂内閣の成立とともに、理財局長心得・日本銀行監査官に抜擢されたが、翌年に大正政変で桂内閣が総辞職すると、大蔵省を去った。

1914年(大正3年)の第11回衆議院議員総選挙補選で当選。以後、第12回第13回(補欠)、第16回第18回の総選挙で当選した。

恩賜財団済生会の参事を創設以来30年近くにわたって務めた[1]

庶子の長島義雄は長島萃(ながしま あつむ)の筆名で文学活動を行い、坂口安吾と交流があったが夭折した[4]

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

著書[編集]

  • 『西伯利亜出兵并に対支政策を論じて国民精神の改造に及ぶ』(やまと新聞社、1918年)
  • 『外を観よ内を観よ』(関東印刷、1920年)
  • 『大国難に面して』(人文書院、1921年)
  • 『政界革新の説』(長島隆二後援会、1927年)
  • 『政界秘話』(平凡社、1928年)
  • 『陰謀は輝く』(平凡社、1929年)
  • 『国策直言』(立命館出版部、1934年)
  • 『独房に正座して 三位一体序説』(共盟閣、1937年)
  • 『支那事変と世界戦争の危機』(共盟閣、1937年)

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 故長島隆二位階追陞ノ件(国立公文書館 アジア歴史資料センター)
  2. ^ a b 『埼玉人物事典』579-580頁。
  3. ^ 徳富猪一郎編『公爵桂太郎伝 坤巻』、故桂公爵記念事業会、1917年
  4. ^ 坂口安吾『青春論』
  5. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  6. ^ 『官報』第7813号「叙任及辞令」1909年7月12日。

参考文献[編集]