櫛部荒熊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
櫛部荒熊

櫛部 荒熊(くしべ あらくま、明治4年1月5日[1]1871年2月23日) – 昭和25年(1950年2月15日[2])は、日本の衆議院議員立憲民政党)。弁護士

経歴[編集]

長門国萩(現在の山口県萩市)出身。1903年(明治36年)、明治法律学校(現在の明治大学)を卒業し、翌年に弁護士試験に合格した[3]。東京弁護士会評議員、台湾台中弁護士会長、日本弁護士協会理事などを務めた[2][3]

1930年(昭和5年)、第17回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その他、新宝石油株式会社取締役、日本煉瓦株式会社社長などを務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第60回帝国議会衆議院議員名簿』、1931年。
  2. ^ a b c 衆議院議員名鑑 1962.
  3. ^ a b 代表的人物及事業 1913.

参考文献[編集]

  • 『代表的人物及事業』 時事通信社、1913年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年