工藤十三雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
工藤十三雄

工藤 十三雄(くどう とさお、1880年明治13年)5月16日[1]1950年昭和25年)12月17日[2])は、衆議院議員政友本党立憲政友会)、ジャーナリスト。

経歴[編集]

弘前市出身。東京帝国大学法科大学独法科を中退後、時事新報の記者となった[3]東洋拓殖株式会社嘱託を経て、郷里で陸奥日報社や弘前新聞社の経営にあたった。

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。6期連続当選を果たした。その間、平沼内閣鉄道政務次官を務めた。

その他、石川島飛行機製作所顧問を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、21頁。
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ a b 『代議士月旦』p.299

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙)昭和十二年十一月』衆議院事務局、1937年。
  • 大石末吉『普選の勝者 代議士月旦』東京平和新報社出版部、1928年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。