山崎伝之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山崎伝之助

山崎 伝之助(やまざき でんのすけ、明治4年6月8日1871年7月25日) - 昭和16年(1941年2月7日)は、衆議院議員立憲民政党)、ジャーナリスト

経歴[編集]

和歌山県有田郡糸我村(現在の有田市)出身。1900年(明治33年)に日本法律学校(現在の日本大学)を卒業した。帰郷後、南海公論社、ついで和歌山日日新聞社を創設し、社長に就任した。1915年大正4年)からは和歌山県会議員を務めた[1]

1928年(昭和3年)、第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。1930年(昭和5年)の第17回衆議院議員総選挙でも再選された。

著書[編集]

  • 『和歌山県人材録』(1920年、和歌山日日新聞社)
  • 『大言壮語録』(1921年、和歌山日日新聞社)
  • 『世相録』(1932年、酒と人生社)
  • 『新聞人之声』(1938年、和歌山日日新聞社)

脚注[編集]

  1. ^ 角屋謹一『普選議会の重なる人々 - 政界人物評伝(野党の巻)』、文王社、1928年

参考文献[編集]

  • 『昭和之新帝国』御即位紀念誌刊行会、1929年。