山本実彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本実彦

山本 実彦(やまもと さねひこ、1885年明治18年〉1月5日 - 1952年昭和27年〉7月1日)は、日本のジャーナリスト改造社社長。雅号は亀城。

経歴[編集]

1885年(明治18年)1月、北薩川内(現在の鹿児島県薩摩川内市)にて山本庄之助の長男として出生。実彦が小学生の頃に生家の経済状況が悪化、困窮を極めたことから中学(県立鹿児島第一中学校)を自主退学。自ら働くことを決意して沖縄に渡り、離島にて1902年(明治35年)に代用教員の職を得る。

1904年に19歳で上京、郵便及び筆耕屋の仕事の傍ら日本大学に通学。『門司新報』『やまと新聞』記者を経て、1915年大正4年)に東京毎日新聞社(現在の毎日新聞とは資本関係はない)社長に就任。

1919年(大正8年)には改造社を創業し、総合雑誌『改造』を創刊。大正期最大のベストセラーとなった賀川豊彦の「死線を越えて」、志賀直哉の「暗夜行路」や林芙美子の「放浪記」、火野葦平の「麦と兵隊」など堂々たる作家人達がこぞって執筆し『中央公論』と併称される知識人に圧倒的に支持され、必読の総合雑誌となる。また1927年(昭和2年)、世間を一世風靡した「円本」の先駆けとなった『現代日本文学全集』全63巻を刊行し、それまで経済的に困窮していた作家たちの生活は、それによって大いに潤うこととなった。1930年(昭和5年)、立憲民政党から衆議院選挙に当選し、戦後中道主義を掲げた協同民主党を結成し委員長となったが、公職追放となる[1]1951年(昭和26年)追放解除[2]。翌1952年(昭和27年)7月死去。総合雑誌『改造』は山本亡きあと、3年で労働争議の末、廃刊となる。

アルベルト・アインシュタインバートランド・ラッセルの来日招聘にも尽力し、日本の科学界や思想界にも貢献した。

著書[編集]

  • 『政府部内人物評』政府研究会 1909
  • 『政界の寧馨児』博文館 1910
  • 『我観南国』東京堂書店 1916
  • 川崎正蔵』吉松定志 1918
  • 『人を見よ山を見よ』吉松定志 1918
  • 『満・鮮』改造社 1932
  • 『小閑集』改造社 1934
  • 『蒙古』改造社 1935
  • 『支那』改造社 1936
  • 『支那事変 北支の巻』改造社 1937
  • 『人と自然』改造社 1937
  • 『大陸縦断』改造社 1937
  • 『興亡の支那を凝視めて』改造社 1938
  • 『渦まく支那』改造社 1939
  • 『新欧羅巴の誕生』改造社 1940
  • 『歐洲の現勢と獨英の將來』改造社 1940
  • 『蘇聯瞥見』改造社 1941
  • 『巨いなる歩み』改造社 1942
  • 『世界文化人巡礼』改造社 1948

関連書籍[編集]

  • 松原一枝『改造社と山本実彦』南方新社 2000

脚注[編集]

  1. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年690頁。NDLJP:1276156 
  2. ^ 「朝日新聞」1951年8月7日二面 「第二次追放解除者」「放送出版社役員」の部
先代:
(結成)
日本協同党委員長
初代
1946年
次代:
(解散)
先代:
(結成)
協同民主党委員長
初代
1946年 – 1947年
次代:
(解散)